B000.JPG






  ◆ 小野竹喬展【e26】
TOP.GIF   ESSAY.GIF   
  ★ 美術館と晩秋の紅葉
 天王寺美術館で開かれている特別展、小野竹喬展を見に行ってきました。
 岡山県BC000.JPG笠岡市生まれ自然を愛し、山や空の青、緑の木々の風景を線で表現、その淡い色合いは自然の美しさを良く表しています。静寂の中に移ろいいく季節、光の変化を描写、「花の色」「深雪」・・・・そして茜色の空、満月を情感深く日本の美しい情景を温かく描いています。「島二作」早春と冬の丘を描いた二対の軸もとても素晴らしく印象に残っています。 B000.JPG - 28,621BYTES
 小野竹喬(1979年)没、生誕120年の今年代表作約100点とスケッチが展示されていました。多くの人が見えていました、やはりこの画家には根強い人気があるんですね。心癒されるひとときでした。

 B001.JPG晩秋の紅葉、市内にもまだ、こんな所がありました。美術館を出ると赤や黄色に紅葉した木々が折り重なってとても美しい風景が眼に飛び込んできた。B002.JPG久しぶりに茶臼山から河底池の周りを散策、橋をぐるりと周ると通天閣が高く紅葉した木々の間にそびえている。ゆったりとした時間が流れて行きます。

 次に旧住友家の名園慶沢園を散策、紅葉も終わりB003.JPGに近くそれでも四阿(あずまや)B004.JPGから観る木々もまだ赤く染まりまわりの景色にとけ込んで美しい。帰り道の天王寺公園の中は冬支度、大きなツリーに電飾がなされ夜には美しく灯されるのであろう。



エッセイに戻る

Copyright(c)2008 オモイツクママ All rights reserved.


inserted by FC2 system