◆ 取材商法?
【e52】

平成24年10月1日

TOP.GIF   ESSAY.GIF  
 ● 雑誌の取材とテレビの収録

 月刊経営情報誌 ザ・ヒューマンの取材依頼を電話で受けました。
国際通信社、現代画報社、国際ジャーナル等多くの兄弟誌を発行しています。依頼内容は地域を育む人と企業の紹介の経済誌です。

 インタビュアーは料理番組(くいしん坊!万才)でお馴染みの村野武範さんとの事、カメラマンと記者の3人で訪問、対談形式で掲載との事でお伺いします・・・・こちらの事は事前に調べている。
 こちらから取材については何らかの費用が必要になるかと質問をすると、おもむろに取材には費用がかかるので若干のご支援をお願いします、取材協力費としてA4ページの 1/4で7万円との事。
 有名人との対談で記念写真も撮影、病院や銀行にも広く置かれている雑誌との話。十分に宣伝広告としてのメリットもありますよと・・・・なかなかさわやかな弁舌である。相談によっては1ページもOKとの事、これでは広告掲載と同じです。しかし広告のメリットも無い、あるとすれば自己満足だけである。7万円は高いか安いか詐欺商法とは思われないが、個人個人の考え方ひとつである。これは一種の取材商法でしょうかね……。
 それにしても取材される側が取材費を支払わされるとは。また、あとで別の名目でいくら請求されるかもわかりません。

 取材は丁重にお断りしました。
最近は変わった勧誘電話があります、全部お断りしています。
 後日、インターネットで調べるといろいろと批判が載っており、あまり評判が芳しくない。一方では有名人の訪問を受けて写真を撮影して頂いたと喜びを書いたブログも載っていました。
 芸能人とのツウショットの写真代?……自分好みの女優さんだったら受けたかもしれませんね(冗談です…笑)。

 奇しくも同じ日にTVの取材の予定が入っていました。
こちらは朝日放送(大阪)の「地元応援バラエティー!この辺トラベラー」。前もって当地に来られたディレクターの撮影依頼は 吉本の芸人さんが、尋ねて来られるので、協力をよろしくとのことで事前の打ち合わせを。

 聞いた番組名も知らなかった、放送時間も夜中の0時45分からで(後で知ったのですがお昼にも再放送)期待もしていなかったのですが、当日お訪れた取材班は10数名の大人数、其処にチュートリアル、ノンスタイルの4人、私はまったく顔を知らないので誰と話をしたのか、30分あまりの収録、がやがやと騒いで嵐のように去っていきました。収録後に記念の写真撮影をして頂きました。やはり有名人には弱い所がありますね(笑)
SIGN.JPG
 後で妻や、娘に怒られました「撮影、なんで知らせてくれへんのや」「こっちも誰が来るのか知らんがな」。みんなは芸人さんや番組名、案外と知っていました。(涙)
後日、私のコメントの撮影が行われました。
 そしてチュートリアル、ノンスタイルの色紙をお礼にと頂きました。 有難うございました。
 放送後に結構反応がありました。
(番組は9月29日(土)に放送されました)


エッセイに戻る
Copyright(c)2008 オモイツクママ All rights reserved.


inserted by FC2 system