オモイツクママ

000.JPG
 ◆弘川寺から葛城山【213】


平成27年11月24日

ハイク登山 エッセイ 旅行日記 短編小説 詩(poem) スキー紀行 写  真
●  弘川寺から葛城山登山ルート地図  (2015.11.24)

 大阪・富田林市河南町にある弘川寺、秋は紅葉、春は桜の名所として広く知られ、また西行法師終焉の地として有名な寺です。弘川寺道ルートで葛城山に登山をしてきました。

001.JPG  近鉄・富田林駅から金剛バス(河内行き)で30分、河内(終点)で下車、徒歩5分です。無料駐車場もあります。
 
 9時20分:広い境内には西行記念館と本坊庭園が拝観(10時より)出来ます。記念館には西行法師にまつわる数多くの資料と西行直筆といわれる掛け軸があるそうです。秋も終わりの境内の紅葉を散策した後、弘川寺を後にします。
 
002.JPG

 管理車道を20分標識@を直進、さらに10分ほど歩くと登山道になり、標識Aには右に歩くと「弘川城址跡」に、ここは左の階段を登ります。(注意・標識の上に地図があり、上が南になっています)

003.JPG 

 003-1.JPG 歩くこと約11分で再び標識Bがあり、「右に展望の道」の道に階段を上る。直進すると「すぎ・ひのきの道」になっていて弘川寺に戻るようです。
 やがて上空に高圧送電線があり15分で展望の開けたところに出た。切り株もあり、ここで小休憩をする。
 004.JPG ここから途中標識を見送り、30分ほどで四ツ辻に出る。舗装した林道交差で、右にウスイ谷林道から合流する。そしてここからは登りの舗装された長い林道歩きが続きます。
 歩くこと65分で右から青崩(天狗谷道)からの合流、この辺りからガスが濃くなってきた。そして雨がポツポツと、4分ほどでダイヤモンドトレールに合流しました。
 
005.JPG

006.JPG 13時00分:白樺食堂(休業)横のベンチで雨宿りをしながら昼食を食べてから葛城山(958.8m)山頂(二等三角点 点名:篠峰山)を踏む。

 下山はダイトレを北に岩橋山方面に歩いて山麓公園分岐(忍海道分岐)から笛吹山、近鉄・忍海駅に歩く事にした。ここまではほとんど下り道で階段も多い、北尾根コース登山口を見送って葛城山頂から50分で忍海道下山コース分岐である。(忍海駅まで5.4km)

 007.JPG

 009.JPG13時50分:ここから下山にかかる。最初は比較的道は良いが後半は凄く荒れている。倒木が多く、枯れ枝も散乱している。50分ほど歩いた所で倒木が多くて歩けない、また登山道が定かでなく崖になっている。分岐を見落としたのかと枝を掻き分けて戻ることにした。しかしそれらしい所も無く笛吹山辺りまで戻ると道がしっかりしている。 


008.JPG
 
 時間が遅くなるようなのでダイトレまで戻ることにした。往復1時間45分のロスである。

213.JPG

 15時35分:時間も遅いので急いで歩き慣れた北尾根登山口に下山コースを取ることにして戻る。ロープウエーもあるが最終時間が分らないので歩く事にする。
 北尾根コースの最後の展望台休憩所、まだ明るいが日が暮れるのが早い、ロープウエー前に下りたときはもう暗くなっていた。 
 関連ページ→「天狗谷道コース」 天狗谷道〜大和葛城山【174】
       「北尾根コース」   大和葛城山〜岩橋山【109】
       「櫛羅の滝コース」 大和葛城山〜水越峠【79】
Copyright(c)2008 オモイツクママ All rights reserved.
inserted by FC2 system