TOP.GIF ESSAY.GIF NOVEL.GIF SKI.GIF  HIKE.GIF  PHOT.GIF  
 オモイツクママを気ままに
             詩に書いてみました
    

 夏の登山  (18)

  •    
  •  真夏の太陽は光の刃(やいば)か 
  •  照りつける太陽に身体は燃えるがごとく 
  •  流れる汗は滴(しずく)となり落ちる  
  •  木々の間からきらきら光るは森の妖精か 
  •  歩けど歩けど登り道は続く
  •    
  •  頂きで包まれる至福の時間          
  •  吹き抜ける緑の風に身体を包まれて    
  •  足の運びも自然と軽やかに 
  •  遥か峰々にきらきら光るは風の妖精か 
  •  見つめる瞳に愛しさがやどる
  •    
  •  刻は静かに谷の間に沈んでいく 
  •  じりじりと照りつける夕日を背中に受けて 
  •  一歩一歩と歩みを踏みしめる     
  •  夏草の茂る深い森の中妖精に導かれ 
  •  あしたに向かって二人で歩こう
  •   
  •    
  •  ・・・暑い真夏の昼下がり・・・
  •    
  •  何〜にも考えつかない、 
  •  オモイツクママ駄文を書きました 
  •  冷房が入っているが、頭の中はぐちゃぐちゃ
  •    
  •  ドアを開けて外に出ると熱風が 
  •  一気に押し寄せてくる 
  •  頭の中がボーとなる、頭の中はぐちゃぐちゃ
  •    
  •  「夏の登山」コメント 
  •  な〜んでも良いから書いて下さい 
  •  書いている自分も、 頭の中はぐちゃぐちゃ
  •    
  • 歳のせいや! それだけは言わんといて下さい。(汗)
>
inserted by FC2 system