◆ イタリア・コルチナ【s1】


     平成15年1月17日(金)〜26日(日)

TOP.GIF   ESSAY.GIF   SKI.GIF   
  ★ コルチナ・ダンペッツオ

 イタリアのチェルヴィニア、クールマイユールに続いて今回はドロミテエリア・・・・セラロンダに楽しんできました。しかしピザ、チーズ、食べられないので(涙)、おまけにイタリア語。
 ピザは日本で食べた事がないので本場で食べられるようにと思って出かけたのですが結局一口もせず再び帰国する事になりました。 

 スキー場は広くてコースが変化に富んでいるのでパワーのある若い頃は素敵だと思いますが。歳を取るとスイス側の山々が柔らかく女性的に感じられます。でも滑走していて雪質は素晴らしくコースは変化に富んでいます。日本のスキー場にない荒々しい山肌の風景、景色、コースと共に大いに楽しむ事が出来ました。 ツアーは原則的に現地集合、現地解散です。
 我々シニアは3人で関西空港(KIX)から参加しました。 

 1/17 乗り継ぎのウイーン(VIE)空港で二人ずれの可愛らしい女の子、一緒かなと聞いたらドイツに行くとの事...残念。 目的地のベネチャ(VCE)空港では我々大阪からと、名古屋からの人たちと合流、迎えに来たガイドと近くのホテルへ。 

 1/18 夕べ遅く着いた東京からの人達とスキー道具はホテルにおいてベネチャ(ベニス)の町を観光。市バス?(0.77ユーロ)でベニスのローマ広場まで、此処からは船でサンマルコ広場、此処で解散。
 昼は小さな店に飛び込みメニューは解る単語を拾い読みで注文。みんなはピザを注文、私はパンとカフェラッテ。(カフェ+ミルク)  

 道は細くて迷路のようで歩く内に方角分からなくなり何度も若いシニョリーナを探して聞いては見るが言っている事が分からないので手振り身振りで方角を聞き、生のイタリア語を直接堪能(美しいシニョリーナの声はよけい綺麗に聞こえます)、最後にグラッツエ(有り難う)。 

 夕飯は早めに通りに面したバール(セルフサービスの店)で済ませバスでホテルへ。これが大変バス停の名前が分からず目をこらし見覚えのあるところで停車ブザーを! 
 夕方ホテル前よりバスでコルチナへ。 スキー場のあるコルチナはベネチャより車で北へ約2時間半、ドロミテ山脈の東側にあります。 

 TOFANA.JPG1/19 いよいよ今日からスキー。ガイド付きで総勢13人。
 スキーパスは6日券でシニア割引があり149ユーロ(19,000円位)。
 トファーナ地区、天気快晴。女子ワールドカップの最終日との事で観戦がてら足慣らし。此処は1956年のオリンピックで猪谷千春氏が銀メタルを取った所だそうです。

 夜の食事はコース料理になっていて出てくる順番は決まっていました。 種類は前の晩にパスタ類、メインディッシュ、それぞれ3〜4種類から選ぶ事が出来ました。 後は付け合わせのサラダやデザート、飲み物なども種類が多く好き嫌いの多い私には大いに助かりました。  FALORIA.JPG

 1/20 ファローナ地区、本日も快晴。 此処もホテルから近く巡回バスで数分。 映画クリフハンガーが撮影された場所などを見ながら滑降。夜は町をウインドウショッピング。 1月末はセール期間中で30%〜50%引きの張り紙がべたべた。 
 1/21 バスで1時間あまりコルバラ、曇りで午前中に酔ってしまって、バス、アルコールではなく雪酔い、滑走していてめまいがし早々にピットイン。仲間も居て後はワインや、ビールで……本日はこれで終わり。 夜は他の客はそれぞれロビーでチェスやトランプで…… 我々 外人は持ち込みのオセロ、将棋で夜遅くまで楽しみました。 

 1/22 20日にT さんが転んで自分のスキーで足を打撲。大事を取ってこの日、朝早く二人は前日申し込んだ現地のオーストリア日帰りバスツアーに出発。 この日は雪で出発直前に、昨日の事もあったので私も中止(オーストリアに行けば良かった!)。
 年配のご夫婦二人もスキーを止めるとの事で3人で町をぶらぶら。  お昼は路地奥の小さなBar(アルコール、軽食の店)にはいる。 ボンジョルノ にわか仕込みのイタリア語であれ、これとケ・コーゼ・クエスト(これ何)、もちろん答えは理解出来ません。
 店にいた客の老紳士が助け船、英語で魚、チーズ……サンキュウー・グラッツエ、皆さん陽気で親切。楽しい食事に乾杯……そしてチャオ。

 夕方、ユーロが少なくなり郵便局に両替に(6時半まで開いている)。此処でパスポートの提示が求められるが、持っていなかったのでクレジットカード、ノー。カーライセンス(日本の)、ノー  Oh, My God!    受付の女性も肩をすくめて....「じゃあ、明日来るわ」! 
  
1-SELLA.JPG 1/23 メインイベント セラロンダ。セラ山群の周りを一日掛けて滑って回る。 今日は天気が上々。ゴンドラ、リフト、Jバー、ロープトウ……山の周りを回るので景色は次々と変化、コースも。
 昼食はコース中程の山の中腹にあるロッジでゆっくりとコース料理を可愛いイタリアのシニョリーナの給仕で最高! ワインも最高! 料理も最高! 

 1/24 最終日、本日も好天 山頂付近にそびえ1-CINQUE.JPGる五つの奇岩チンクエトーリ迄滑っていく。此処で昼食、パンとワインと野菜スープ。 あちらこちらのゲレンデを自由に滑走、3時過ぎで−4℃ すがすがしいに天気……イタリア コルチナ・ダンペッツオ チャオ アリヴェデルチ(さようなら) 

 1/25 早朝大阪、名古屋組で出発、東京組はお昼との事……再見。 ベネチャで延泊組とも別れ、ウイーン迄は小型の双発プロペラ機DH4に日本人7人と外国人数人。
 ウイーン空港ではみんなバラバラになり1人搭乗ゲートに並んでいると偶然にも、なんと前列に並んでいる二人連れの女の子、往きにこの空港で出会った二人、同じ日数で関空−ウイーン間だけの御一緒でした。
Copyright(c)2008 オモイツクママ All rights reserved.
inserted by FC2 system