◆ サホロスキー場 【s15】

     平成27年1月19日〜22日

TOP.GIF   ESSAY.GIF   SKI.GIF   
★ 十勝 サホロリゾート・スキー場

 1.JPG 十勝サホロリゾート・スキー場は石勝線のトマムスキー場からさらに東より北海道の中心付近の十勝平野に位置し、十勝新得町にあるサホロスキー場はマイナーな落ち着いた雰囲気のゲレンデでした。
 最初は新千歳空港から遠くて地味なスキー場と感じましたがJR特急で石勝・根室本線の新得駅まで1時間40分程度である。十勝平野にある帯広市の玄関口、帯広空港からさらに近いが大阪からは直行便がない。

 2.JPG スキー場は十分楽しめるコースレイアウトで雪質も良くゲレンデからは十勝平野も望まれ、シニアの中級者でもゆっくりと楽しめました。ただしゴンドラが一本なのでコースに変化を求める人には二日もあれば飽きてしまうでしょう。

 サホロリゾートホテルは落ち着いた雰囲気で新得駅から約15分の送迎バスもあり、ロビーも広く、ホテルはフリーのWifiにも対応していてタブレット(iPad)も使えた。ただ残念なのは大浴場が天然温泉でないことである。

 3.JPG 我々は大阪から4人、3泊4日のツアーで実質二日間のスキー滑走です。スキーは毎年一回各地を訪れています。今回はサホロリゾートホテルに滞在、平日のホテルは宿泊者も少なく東京、福岡そして岡山からのシニアのグループとゲレンデでお話が出来ました。ゲレンデのレストランは麓のゴンドラ乗り場に並び一箇所で休憩も食事も全員ここに集まります。
 
4.JPG

 5.JPG到着日の明くる日は天気は晴れてよかったのですが風が強く、第1,2,6リフトのみ、第6リフトは風にあおられて度々止まる。6.JPG それでも天気が良いので滑走するが、雪が風に舞い上がり渦巻状に回転しながら立ち上がっている。ゴンドラは休止したままで何時運行されるか分らない。
 午後2時頃からやっと運転が再開され、早速、Yさんと二人でサホロ岳山頂に向かう。しかし風が強いので初級者用の南側コースを滑ると稜線上では風の為に雪が吹き飛ばされ雪面がカリカリになっていた。13.JPG人も少なくパウダースノーの雪はコンデションも素晴らしい。しかし風があまりに強くて今日は早めにホテルに戻る。
 夕食はホテルの「花森熊レストラン」で北海道バイキング料理(4,860円)、好き嫌いの多い自分には最高である。

 二日目は風もおさまり、薄曇りであるが、時々日が射す。朝一番に第1、第2リフトを乗り継いでゴンドラ乗り場に急ぐ。7.JPG 今日は山頂近くのゴンドラ駅で記念写真を撮る。周りの木々は樹氷で真っ白になっていた。8.JPG 近くには佐幌岳神社の祠があり赤い鳥居が立っている。サホロ岳山頂には第4リフトがあるが土、日曜日しか運行していないそうです。

9.JPG  同行者のT、Y、N氏は午前中でスキーを止めて新得町まで昼食に有名な新得そばを食べに行く、スキーより蕎麦の方が良いようである(笑)。
 自分一人は折角の好天気なのでゴンドラを駆逐して滑走コース制覇に走る。
 北側の滑走距離(3000m)は雪質も素晴らしく距離を楽しめる。去年の12月始めに登山で下山中に右膝をいためてヒアルロンサンをひざ関節に5回注射、効があってか、今回のスキーは絶好調である。しかし一気に滑るにはこの歳(後期高齢者)ではさすがに無理である。

10.JPG

11.JPG

 午後からはゴンドラを3本、第7、8リフトを制覇、各コースを楽しむが最後には両足ががくがくする。
 第8リフト降り場付近からゴンドラステーション、そしてサホロ岳(1060m)山頂が望まれる。
12.JPG

 やはりひとりでは少し寂しい。ホテルに戻ると直ぐに大浴場で雪を見ながら露天風呂に浸かり、サウナで汗を流す。14.JPG
 夕食はホテル内の「ゆきざさ」で会席料理(4,860円)を注文、生ビールで乾杯、最後の夜をみんなで楽しむ。

 帰りの午前中は天気である。予定はお昼のとかち6号(12時01分)であるが、少し早めにホテルを出て新得駅に向かい、一本前のおおぞら4号(10時40分)を狙うが既に指定席は満席で買えずに予定通り、とかち6号に乗車することになる。
 新得駅では発車までの余った時間を駅前のおさんぽカフェで過ごしました。15.JPG 店内は狭いがアットホームな感じで新得の町の歴史や写真集が置いてあり、店の「めんこい!」お姉さんの初めて北海道町民とのお話が出来て暖かい時間を過ごすことが出来ました、有難うございました。

 
16.JPG

 新千歳空港(13:47)には列車は少し遅れて到着、昼食とお土産を買うには時間が短い。急いで昼食は空港2階のラーメン横丁、何時もの店でラーメンを食べる。皆さんはお好きなようである、有名ですものね(笑)。

17.JPG ●往路 大阪・天王寺駅/阿部野橋駅からJRの快速で50分、関西国際空港からJAL2503便 関西/大阪(出発時刻:13:05)〜千歳/札幌着(到着時刻:14:55)まで1時間50分です。(新千歳空港からは北海道各地のスキー場に接続しています)

 新千歳空港:快速161号(出発時刻:16:03)(南千歳乗換)スーパーとかち5号(指定席)(到着時刻:17:50)新得駅です。
 駅からサホロリゾートホテルの送迎バスがあり15分ほどで到着です。

●帰路 新得駅:スーパーとかち6号(出発時刻:12:01)(南千歳乗換) 快速130号(指定席)(到着時刻:13:47)新千歳空港駅です。

 新千歳空港から大阪国際空港まではJAL 2006便 千歳/札幌(出発時刻:14:55)〜伊丹/大阪着(到着時刻:16:55)は比較的空いていて空港は天気もよく時刻通りに離陸しました。
 大阪国際空港(伊丹)から空港バス約60分で天王寺駅/阿部野橋駅に到着です。

   関連記事 →「スキー紀行」・ トマムスキー場【s6】  
Copyright(c)2008 オモイツクママ All rights reserved.
inserted by FC2 system