TOP.GIF ESSAY.GIF NOVEL.GIF SKI.GIF  HIKE.GIF  PHOT.GIF  
 オモイツクママを気ままに
             詩に書いてみました
    

 十六夜(いざよい)の月(24)


  • 8月は十五夜の満月の夜に美しくも光り輝くかぐや姫が
  • 月よりの使者からの迎えに、涙を流しながら月に帰った
  • 日でもある。この月は今宵も晴れ渡った夜の闇を明るく
  • 照らす。
  • 今夜の十六夜の月は何をためらっているのでしょうか、
  • 月の出もやや遅い、そして日ごとに欠けて沈んでいく
  • 月の光がわたしの心のすき間を照らす。
  •          ・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 十六夜の月に照らされた
  • 君の寂しそうな横顔 
  • 「ごめんね・・・・」 ためらいながら
  • まるい月が日ごとに欠けていくように
  • 君はだんだん 遠いひとになった
  • 今宵はこの月をどこで見ているのでしょうか
  • 十六夜の月に照らされた
  • 君の寂しそうな面影 
  •  「さよなら・・・・」 微笑みながら
  • なごり惜しそうに照らすありあけの月
  • 君はもう手の 届かぬひとになった
  • 今宵はこの月をだれと見ているのでしょうか
  •         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • ●かぐや姫は日本最古の物語と言われる「竹取物語」
  • に登場する主人公のお姫様です。
  • ●十六夜(いざよい)の月は十五夜の満月の明くる夜、
  • 月の出はやや遅くなるので月がためらっているように
  • 見える事から十六夜を「いざよう・・・ためらう」と呼ぶ。
  • また夜が明けても直ぐに沈まない事から「有明の月」
  • とも呼びます。
inserted by FC2 system